第41代 持統天皇

英雄たちの選択「日本のかたちを決めた女帝 持統天皇の真実」
天智天皇の娘であり、天武天皇を夫に持つ持統天皇。彼女こそ日本のかたちを決定した女帝といわれている。古代史上最強といわれる女帝の強さの秘密をさぐる。
672年、天智天皇の後継の座を巡って大海人皇子大友皇子が争った「壬申の乱」は古代最大の内乱と言われる。激しい争いをかいくぐって持統天皇は、父と夫の遺志を継ぎ、藤原宮を建設し、律令制度を確立するなど、古代史に大きな足跡を残した。日本のかたちを決めた女帝といわれる持統天皇の真実に迫る。

www.nhk.jp

www.nhk.jp 

 

nhk  

www.google.com 

壬申の乱(じんしんのらん)は、天武天皇元年6月24日 - 7月23日、(ユリウス暦672年7月24日 - 8月21日)に起こった古代日本最大の内乱である。 天智天皇の太子・大友皇子(1870年(明治3年)に弘文天皇の称号を追号)に対し、皇弟・大海人皇子(後の天武天皇)が兵を挙げて勃発した。

 

 

www.google.com