王毅外交部長「中米関係の明確なフレームワークの確立が必要」

j.people.com.cn 

王毅国務委員兼外交部長(外相)は5日、新華社の単独インタビュー 

中国の対米政策は継続性と安定性を保っている。これと同時に、我々は中米関係がより高い目標に向かって進み、風雨を経験することへの準備も整えている。根本的に言って、米国が中国を敵対国に仕立て上げようとするのは戦略判断上の重大な過ちであり、自らの戦略資源を誤った方向に投入するものだ。中国側は非衝突・非対立、相互尊重、協力・ウィンウィンの精神に基づき、米側と協調・協力・安定という中米関係を共に構築することを一貫して望んでいる。これと同時に、我々は自らの主権・安全・発展上の利益を必ずや断固として守る。これは独立主権国家としての正当な権利であるからだ。米国は国連憲章の提唱する各国の主権平等原則を履行し、異なる制度や文明の平和共存をわきまえ、これに適応し、世界は多極化へ向かっているという現実を受け入れるべきだ。

国交樹立以来最も複雑な状況にある中米関係を前に、我々は中米関係の明確なフレームワークを確立する必要がある。

第一に、守るべき一線を明確にして、対立を回避する。中米関係を健全に発展させるには、相互尊重の堅持が鍵となる。中国はかねてより米国の大統領選挙や内政に干渉する意図はなく、そうすることもない。米国も中国国内の事への不当な干渉を止め、中国の正当な権益への横暴な抑圧を止めるべきだ。

第二に、チャンネルを滞りなくし、率直な対話を行う。対話は問題解決の前提だ。対話がなければ問題は山積し増えるだけであり、制御不能に陥りさえする。中国側の対話の扉は開かれている。我々は平等的かつ開放的姿勢による米側との意思疎通や意見交換を堅持し、各レベル、各分野の対話メカニズムを再開することを望んでいる。

第三に、中米の分離を拒絶し、協力を維持する。中米の利益は深く融合しており、分離を強行すれば両国関係が長期的な打撃を受け、国際産業チェーンの安全及び各国の利益が脅かされる。新型コロナウイルスの感染拡大を前に、我々は米側と新型コロナ対策や経済回復等の分野で互恵協力を繰り広げ、新型コロナ対策の経験を互いに参考にし合い、分かち合い、多国間協力に共に参加し、これを後押しすることを望んでいる。

第四に、ゼロサム思考を放棄し、共に責任を担う。今の世界はグローバルな問題が尽きることなく次々と現れ、伝統的及び非伝統的な安全保障上試練が交錯しており、世界や地域の焦点となる問題のほぼ全てにおいて、中米及び世界各国が足並みをそろえて対処することが不可欠だ。中米双方は大国としての責任を履行し、国連など多国間の枠組みで必要な調整と協力を行い、世界の平和と安定に共に尽力するべきだ。(編集NA)