江戸天文学、三人の俊才

コズミック フロント☆NEXT「天と地の革新~江戸天文学、三人の俊才~」
日本の天文学が大きく飛躍した江戸時代の秀才に迫る。暦づくりに挑んだ「渋川春海」・天文将軍「徳川吉宗」・日本地図を作った「伊能忠敬」。3人の業績と舞台裏を描く。
江戸幕府が開かれた頃、ヨーロッパではガリレオ木星の衛星を発見するなど近代天文学の夜明けを迎えていた。鎖国により遅れをとっていた日本。しかし、後世に残る偉業を成し遂げた3人の俊才によって日本の天文学は大きな飛躍を遂げる。

古き伝統を破り、暦づくりにまい進した「渋川春海」、

天文将軍と呼ばれた「徳川吉宗」、

日本全国を測量して精密な地図を作った「伊能忠敬」。

3人の業績と舞台裏に再現ドラマとともに迫る。  

アラビア天文学

www.google.com 

渾天儀(こんてんぎ)

屈性望遠鏡 

www.google.com 

浅草天文台

伊能忠敬記念館

四分儀(しぶん、英: quadrant) 象限儀(しょうげんぎ

www.google.com

nhk 

www.google.com