占領期社会教育とナトコ映画

公開講座セレクション 

bangumi.ouj.ac.jp 

「ナトコ映画」とは、占領期に日本人の啓蒙と民主化を図るため」上映されたCIE映画。当時、実際に使用された映写機を使いながら、占領期における社会教育について考える。

担当講師:長澤 成次(千葉学習センター所長) 松原 由季(ナレーター)  

www.google.com 

www.google.com 

日本におけるヤクザ暴力団の対立抗争任侠道などをモチーフとする映画カテゴリーである。仁侠映画(にんきょうえいが。同じ読みで“任侠映画”と表記する場合もあり)とも称される。

本項では、東映を筆頭に各社がこのジャンルの映画を量産した、1960年代から70年代を中心に、その後の状況までを記述する。

www.google.com 

1965年(昭和40年)製作・公開の日本長篇劇映画である。増村保造監督。本作を皮切りにシリーズ化した。

1962年(昭和37年)に勝新太郎を主演に『座頭市物語』を製作、大ヒットを生んだ大映京都撮影所のプロデューサー久保寺生郎が、1965年(昭和40年)、同じく勝を主役に、古巣の大映東京撮影所で、増村保造を監督に製作したのが本作、『兵隊やくざ』である。

本作で、田村高廣が翌1966年(昭和41年)の第16回ブルーリボン賞で最優秀助演男優賞を受賞した。

本作もまたヒットを生み、『座頭市』同様にシリーズ化された。シリーズ第9作『新兵隊やくざ 火線』は、大映が前年末に倒産したため、勝プロダクションの製作で、東宝が配給した。 

www.google.com 

www.google.com