altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

イアン・フレミングが生み出したスパイ小説の主人公。 007 プロジューサー ブロッコリー

Google

スタッフ

原作 - イアン・フレミング

監督 - テレンス・ヤング

製作 - ハリー・サルツマン、アルバート・R・ブロッコリ

脚色 - リチャード・メイボームジョアンナ・ハーウッド、バークレイ・マーサー

音楽 - モンティ・ノーマン、(ジョン・バリー ※アンクレジット)

撮影 - テッド・ムーア

編集 - ピーター・ハント

美術 - ケン・アダム

特殊効果 - フランク・ジョージ

メインタイトル・デザイン - モーリス・ビンダー

提供 - イオン・プロダクションズ・リミテッド

アナザーストーリーズ 運命の分岐点「007 ジェームズ・ボンド誕生の真実」

007、ジェームズ・ボンドは、イギリスの作家、イアン・フレミングが生み出したスパイ小説の主人公。その魅力を決定づけたのは、映画第1作「ドクター・ノオ」。しかし、主役に抜てきされたショーン・コネリーは、原作のイメージとは全く違うと、監督は当初大反対していた。そして、あの有名なテーマ曲のもとになった意外な曲とは?そして、ボンド・ガールに隠された悲しい「真実」…。トリビア満載、ファン必見のドキュメント。

プロジューサー ブロッコリー (Albert Romolo Broccoli)

サッキョク ノーマン

"007のテーマ曲"

モニカ

アナザーストーリーズ (*)