altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

量子化学 の検索結果:

第7回 水素分子イオン @ 量子化学(’19)

量子化学(’19) 第7回 水素分子イオン 一電子系で化学結合ができる仕組みを、量子力学に基づき解き明かす。分子軌道法の考え方、結合性軌道、反結合性軌道を理解する。【キーワード】ボルン・オッペンハイマー近似、分子軌道法、軌道相互作用、結合性軌道、反結合性軌道、ポテンシャルエネルギー曲線、軌道相関図理 担当講師:橋本 健朗(放送大学教授) www.google.com https://scholar.google.co.jp/scholar?q=%E5%85%89%E5%BF%…

第1回 化学と量子力学 @ 量子化学(’19)

量子化学(’19) 第1回 化学と量子力学 化学における量子力学の必要性を歴史的観点を含めて学ぶ。光と物質が示す二重性とは何かを理解する。ボーアの原子論について学び、量子条件が物質波の示す定在波の観点から解釈できることを理解する。【キーワード】原子の構造、光の波動性と粒子性、ボーアの原子論、物質波 担当講師:安池 智一(放送大学教授) 量子力学前史 マクスウェル方程式 , 波動方程式 ハルバックスの実験 分光学 オングストロング 離散スペクトルの謎 www.google.co…

ブックファースト宝塚店 0797-83-1991 PayPay 25%

放送大学 量子科学 量子化学(’19) シラバス参照 https://www.wakaba.ouj.ac.jp/kyoumu/syllabus/PU02060200211/initialize.do 数学の歴史 数学の歴史(’19) シラバス参照 https://www.wakaba.ouj.ac.jp/kyoumu/syllabus/PU02060200211/initialize.do 主任講師名:三浦 伸夫(神戸大学名誉教授) www.google.com www.ki…

量子化学(’19) @ 放送大学

…産業界でも利用される量子化学計算を、ブラックボックスとしてでなく、意味と適切な手続きを理解して活用する基礎を提供する。【授業の目標】分子の構造、反応性、光応答性の背景にある分子の量子力学を理解する。事実として観測される周期律、反応選択性、原子や分子のスペクトルの規則性の背景にある分子機構を電子構造と結びつける。現代分子理論の体系、概要を学ぶ。【履修上の留意点】「化学結合論-分子の構造と機能('17)」「入門線形代数('19)」「入門微分積分('16)」を履修済みであることが望…

第4回 水素原子 @ 量子化学(’19)

量子化学(’19) 第4回 水素原子 水素原子の波動関数の名前、形を学ぶ。波動関数とエネルギー準位が、量子数によりどう変わるかを押さえる。量子力学に基づく水素原子の姿を掴む。【キーワード】原子軌道、主量子数、方位量子数、磁気量子数、動径成分、球面調和関数、動径分布関数 担当講師:橋本 健朗(放送大学教授) www.google.com www.google.com 水素 (hydrogen:ハイドロゲン) sekatsu-kagaku.sub.jp 表.1 主な電子殻と電子軌…

第12回 電子スピンと核スピン @ 分子分光学(’15)

…電磁気学・量子力学・量子化学の知識を整理しながら、特に分子を観測する分光法について学ぶ。分子を見るために高度な発展を遂げた分光手法の適用領域は、生命機能を含む物質科学全般に拡がっている。それらの応用事例についても学び、最先端の物質科学研究を概観する。第12回 電子スピンと核スピン量子力学的な粒子は、内部自由度としてスピンを持つ。スピン間の相互作用を利用することで、電子や原子核が存在する局所的な環境に関する情報を得ることができることを理解する。複雑な生体関連物質の立体構造解析へ…

第7回 電子分光1−光電子分光 @ 分子分光学(’15)

…電磁気学・量子力学・量子化学の知識を整理しながら、特に分子を観測する分光法について学ぶ。分子を見るために高度な発展を遂げた分光手法の適用領域は、生命機能を含む物質科学全般に拡がっている。それらの応用事例についても学び、最先端の物質科学研究を概観する。量子力学に基づいた分子の構造と性質、光と分子の相互作用を理解する。分子の量子的な性質を利用した各種の測定法の原理とその適用例を学ぶことによって分子に対する理解を深める。これらを通じて、分子に基づいて様々な現象を理解するものの見方を…

第6回 分光測定法 @ 分子分光学(’15)

…電磁気学・量子力学・量子化学の知識を整理しながら、特に分子を観測する分光法について学ぶ。分子を見るために高度な発展を遂げた分光手法の適用領域は、生命機能を含む物質科学全般に拡がっている。それらの応用事例についても学び、最先端の物質科学研究を概観する。量子力学に基づいた分子の構造と性質、光と分子の相互作用を理解する。分子の量子的な性質を利用した各種の測定法の原理とその適用例を学ぶことによって分子に対する理解を深める。これらを通じて、分子に基づいて様々な現象を理解するものの見方を…

第2回 量子化学の基礎 @ 化学結合論−分子の構造と機能(’17)

…能(’17)第2回 量子化学の基礎量子力学の基礎方程式(シュレーディンガー方程式)を作り、その性質を調べ、さらに理論に基づく予想と実験とを比較する。シュレーディンガー方程式を境界条件のもとに解くと、波動関数と離散的なエネルギー準位が得られる。水素原子が離散的エネルギー準位を持つ理由を電子の運動と結びつけて理解する。【キーワード】 波動関数、変数分離解、シュレーディンガー方程式、ハミルトニアン、固有値方程式、固有値、確率密度、独立粒子近似担当講師:橋本 健朗(放送大学教授)パウ…

第15回 空間分解分光 @ 分子分光学(’15)

…電磁気学・量子力学・量子化学の知識を整理しながら、特に分子を観測する分光法について学ぶ。分子を見るために高度な発展を遂げた分光手法の適用領域は、生命機能を含む物質科学全般に拡がっている。それらの応用事例についても学び、最先端の物質科学研究を概観する。授業の目標量子力学に基づいた分子の構造と性質、光と分子の相互作用を理解する。分子の量子的な性質を利用した各種の測定法の原理とその適用例を学ぶことによって分子に対する理解を深める。これらを通じて、分子に基づいて様々な現象を理解するも…