altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

放送大学 の検索結果:

新しい目標 @ 一九ism(イズム)

飛行機作成体系 (三菱MRJ) www.google.com www.tokyo-np.co.jp 2022年4月27日 【連載】MJの本質 未完の国産旅客機三菱重工業が日本初の国産ジェット旅客機開発を凍結して、1年半が過ぎた。開発に携わった人々の視点から、当時の現場で何が起きていたのかを探る。(中日新聞経済部) 渋・情報・世に出す。 体系・市場分析 原稿・情報の移管 放送大学 altgolddesu.hatenablog.com

CASデータ 科学的知識を精査して発見を促進します。

cas.org www.google.com 第4回 炭素化合物とその多様性 @ 初歩からの化学('18) 人類史上のエポックを画す火や青銅器・鉄器の利用は、化学反応の利用にほかならない。人類が古くから用いてきた技術には物質変化に関連した化学技術と呼ぶのがふさわしいものが数多く存在し、現在でも我々は無意識に様々な化学現象に触れそして利用している。化学は我々がもっとも古くから親しんできた科学の一分野であり、そこに見られる物質の多様性は長らく人々を魅了してきた。一方で初学者には、…

第2回 現代社会と運動不足 @ 健康長寿のためのスポートロジー

スポートロジーは、スポーツと健康の関わりを科学的に解明する新しい学問分野として新たに創設されたものである。科学的根拠に基づく習慣的な運動によって、生活習慣病の予防や治療、要介護につながる高齢者の転倒・骨折予防、認知症やうつ病の予防などを行おうという新しい学問である。医学とスポーツ健康科学と連携して、個人個人の体質に応じた肥満予防のためのスポーツ療法など、スポーツと医学が手を結び合って、一般市民の健康増進のための様々な対策を打ち出していこうという体系立った学問の教育を目指す。 …

考古学第13回 @ 考古学(’18)

…ままでは何も語ってくれない。考古学は、モノからさまざまな方法で情報を読み取り、過去の社会や文化を復元し歴史を構築していく学問である。そこで、発掘調査や型式学・年代論・機能論・分布論などの方法論、隣接科学の考古学への応用、それをもとにした具体的な歴史の復元など、考古学の基礎を体系的に講義する。初めて学ぶ者から専門的な学習を目指す者まで幅広い学生を対象としている。 放送大学 altgolddesu.hatenablog.com altgolddesu.hatenablog.com

日本語リテラシー第9回 @ 放送大学

bangumi.ouj.ac.jp

日本語リテラシー第5回 @ 放送大学

日本語リテラシー第5回 滝浦 真人(放送大学教授) bangumi.ouj.ac.jp 今回の授業内容 読むスキル②:つながりを読む 講義概要 日本語の説明的な文章を読んで書くことの基本的実践能力を養う。その過程で必要となる知識やスキルに対応して授業を構成する。具体的には、日本語の表記・語彙・構文法等を踏まえた基本的な構え、目的に応じた違い、文章を読み取って理解するスキル、考えを整理し組み立てるスキル、書いて自己添削するスキル、等を取り上げる。

第14回 近代化と伝統の再編成ー文学・芸術・武道(明治・大正・昭和初期) @ 文学・芸術・武道にみる日本文化(’19)

…教、律令制度などを取り入れるが日本的に変容させ、日本古来の神話や歌の古典も成立した。平安期に漢字の崩し字を基にして仮名が作られ、仮名を使った王朝文学が開花した。中世には貴族と武士の文化が融合する中で、能楽や茶の湯などが展開した。近世には武芸の道や庶民が楽しむ俳諧、浄瑠璃、歌舞伎、浮世絵なども生まれた。明治維新、戦後と、伝統文化は2度否定されたが、再編成されて今日に至る。縄文にまで遡って日本文化を見直して、近代文明を超える新たな可能性を探ってみたい。 授業科目案内 | 放送大学

正義と公正の心理学

bangumi.ouj.ac.jp 東北大学名誉教授・大渕憲一による講義。古来、正義や公正は普遍的道徳原理として論じられ、その正義の実現をめざして文明社会と法制度が整えられてきた。しかし一方でいかなる法律や社会制度も一般市民の価値観と乖離しては存在しえない。この視点で各時代の人々の「公正と不公正」を考察する「正義と公正の心理学」について伝える。 いじめ

電波望遠鏡の映像化 @ 放送大学

www.google.com altgolddesu.hatenablog.c フーリエ変換 集中_Concentration altgolddesu.hatenablog.com

銀河を蘇らせるブラックホール

銀河を蘇らせるブラックホール 横沢 正芳(放送大学茨城学習センター元所長)

第12回 量子の世界へ @ 初歩からの物理(’22)

bangumi.ouj.ac.jp 本科目は「自然と環境コース」が提供する物質・エネルギー系科目への導入としての役割を果たす。対象として自然科学に関心を持つすべての学生を念頭に置き、「物理法則に基づいて自然現象を記述する」見方、考え方を伝える。数式を使った記述法には重点を置かず、概念の本質を伝えることを重視する。また、物理学の発展が人類に与えてきた影響を随所にちりばめ、最後に未来社会における物理学の役割を展望する。

第10回 @ 運動と健康(’22)

bangumi.ouj.ac.jp

第9回 @ 近現代ヨーロッパの歴史(’22)

bangumi.ouj.ac.jp 国境を越える連帯の模索 近現代ヨーロッパ世界の歴史的諸相を人の移動に着目して概観し、ヨーロッパの社会と文化の特質を考察する。戦争による兵士の移動や移住など、人は古くから様々な移動を経験してきたが、ヨーロッパ世界では近代化・工業化を通じて新たな移動形態が登場し、それが世界史の展開に大きな影響を及ぼした。本講義では、人の移動の新しい様相を具体的に紹介しながら、近現代ヨーロッパの歴史的展開の特徴について考える。

第7回 火星探査 @ 太陽と太陽系の科学

…太陽系の研究は、近年急速に進んできている。太陽については様々な太陽観測衛星による研究で、太陽表面の多様な活動性がわかってきた。また、太陽系全体についても惑星や小惑星の探査機が次々と新しい発見をもたらし、今や冥王星の姿も明瞭に観測されるようになってきた。これらの新しい知見に基づき、太陽と太陽系の最新の姿と太陽系の進化を体系的に講義する。 谷口 義明 (放送大学教授) www.google.com www.google.com altgolddesu.hatenablog.com

放送大学 大統合自然史

www.google.com altgolddesu.hatenablog.com altgolddesu.hatenablog.com

数理・データサイエンス・AI リテラシー講座 基礎

www.google.com 放送大学

運動と健康(’22)

bangumi.ouj.ac.jp 放送大学

日本語リテラシー(’21)

bangumi.ouj.ac.jp

新型コロナウイルス感染症の現状と今後の見通し

bangumi.ouj.ac.jp 「新型コロナウイルス感染症の現状と今後の見通し」の模様をお送りします。 オミクロン株の出現以降、新型コロナ感染症の対応はどう変わっていくのか、医療・研究現場の現状と私たちがとるべき対策について、国際医療研究センター病院の杉山温人病院長が解説します。

知覚・認知心理学(’19)

bangumi.ouj.ac.jp

英語で「道」を語る(’21)

www.google.com bangumi.ouj.ac.jp item.rakuten.co.jp 中古 - 可 商品番号 B-J2025_1040214 価格 2,250円 (税込) 220ポイント 1倍 9倍UP 内訳 ポイントアップ期間:2022/03/28(月) 01:59まで

数理・データサイエンス・AI 専門講座 AIプロデューサー~人とAIの連携~ 第8回:グループ討論とAI

bangumi.ouj.ac.jp AIを有効活用するために求められる新しい人材が「AIプロデューサー」である。AIの技術の可能性を探る工学的視点と、技術を業務にどう役立てるかという経営学的視点を兼ね備え、人との連携が容易なAIシステムを設計し、提言していく。最終回となる今回は、グループ討論を支援するAIを取り上げる。番組全体のまとめとして、デジタル行政に関わる省庁、AIビジネスを展開する企業を訪ね、AIプロデューサーの今後を展望する。 www.google.com www.…

第6回 @ 錯覚の科学(’20)

bangumi.ouj.ac.jp 記憶の錯覚 人の記憶は確実なのか 講義概要私たちの脳が認識する世界と、客観的な世界の間にズレが生じること-それが「錯覚」である。この錯覚の性質や特徴を知ることは、私たちがどのように世界を認識しているのかを知ることにつながる。心理学の諸研究は、視覚や聴覚といった知覚研究を中心に、記憶や思考など広汎な心的過程で生じる錯覚のメカニズムを明らかにしてきた。これらの研究成果を概観することで、錯覚が私たちの日常生活や社会、文化、芸術に与える影響を検討し…

第5回 @ 錯覚の科学(’20)

視覚芸術と錯覚 講義概要 私たちの脳が認識する世界と、客観的な世界の間にズレが生じること-それが「錯覚」である。この錯覚の性質や特徴を知ることは、私たちがどのように世界を認識しているのかを知ることにつながる。心理学の諸研究は、視覚や聴覚といった知覚研究を中心に、記憶や思考など広汎な心的過程で生じる錯覚のメカニズムを明らかにしてきた。これらの研究成果を概観することで、錯覚が私たちの日常生活や社会、文化、芸術に与える影響を検討し、人の認知が持つ独特の仕組みについて理解を深めていく…

第13回 (室町時代の社会) @ 日本の古代中世 ('17) 延元元年(1336年)5月 - 天正16年(1588年)1月13日

www.google.com 室町時代における地方社会の様相を、高野山領紀伊国名手荘や九条家領和泉国日根野荘などの具体的事例について見て、農民の階層性と規模、年貢のあり方、刑罰の様子などについて考える。 bangumi.ouj.ac.jp 日本の古代と中世の歴史を、基本となる史料や史跡のあり方や国際的な交流との関わりから探る。時代としては、日本列島のはじまりから16世紀までの、国家が形成・整備され、やがてその仕組みが衰退し、地域社会が表面化するなか、再び統一政権が登場するまで…

第12回 (室町時代の政治史) @ 日本の古代中世 ('17) 延元元年(1336年)5月、九州から東上した足利尊氏が湊川の戦いで楠木正成を破る。 - 天正16年(1588年)1月13日、義昭は関白・豊臣秀吉

www.google.com bangumi.ouj.ac.jp 日本の古代と中世の歴史を、基本となる史料や史跡のあり方や国際的な交流との関わりから探る。時代としては、日本列島のはじまりから16世紀までの、国家が形成・整備され、やがてその仕組みが衰退し、地域社会が表面化するなか、再び統一政権が登場するまでを扱う。とくに列島の古代中世史像は、発掘調査の成果や様々な新史料の発見によって変貌しつつあり、活発に越境した国際関係や各地域の歴史の実像が掘り起こされて、多元的に見直されてい…

第1回 大統合自然史への誘い @ 大統合自然史

www.google.com bangumi.ouj.ac.jp

日本の古代中世第3回 @ 日本の古代中世(’17)

日本の古代と中世の歴史を、基本となる史料や史跡のあり方や国際的な交流との関わりから探る。時代としては、日本列島のはじまりから16世紀までの、国家が形成・整備され、やがてその仕組みが衰退し、地域社会が表面化するなか、再び統一政権が登場するまでを扱う。とくに列島の古代中世史像は、発掘調査の成果や様々な新史料の発見によって変貌しつつあり、活発に越境した国際関係や各地域の歴史の実像が掘り起こされて、多元的に見直されている。こうした最新の動向をふまえて、東アジアの国際関係のもと、史料や…

地球史と地球観の変化~放送大学オンライン講演会~

bangumi.ouj.ac.jp 放送大学がコロナ禍で意欲的に取り組んでいるオンライン講演会の模様を紹介するシリーズ。オンラインで講演会に参加、質疑もできる仕組みになっている。今回は2021年2月に文京学習センターで行われた大森聡一准教授の講演会をお伝えする。テーマは「地球史と地球観の変化」と題し、「生命、人類、文明にとって地球とはどの様な惑星なのか?」研究史と最近の話題を伝えます。 altgolddesu.hatenablog.com

日本語リテラシー(’21) @ 放送大学

bangumi.ouj.ac.jp