altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

おくのほそ道 の検索結果:

鉄路でたどる おくのほそ道 絶景めぐり 鳥海山編

鉄路でたどる おくのほそ道 絶景めぐり 鳥海山編(#292)かつて松尾芭蕉が歩いた奥の細道を鉄路でたどる旅。後編は鳥海山をお供に、山形から秋田へと向かいます。芭蕉の時代から変わらぬ景色やすっかり変わってしまった絶景まで、その痕跡も様々…最後は高原鉄道に乗り換え、また違った鳥海山の雄姿を満喫します!旅人の独り言…「おくのほそ道」をたどる鉄路の旅、鳥海山編のベストショットは象潟の九十九島。松尾芭蕉が「期待に心が気負い立つ」というほど訪問を熱望した、最北の到達地が象潟だった。しかし…

鉄路でたどる おくのほそ道 絶景めぐり 日本海編(#291)

www.bs-asahi.co.jp

健康実感パートナーLIVLONブランドサイト|名作『おくのほそ道』を楽しむ|日清ファルマ

nisshin-livlon.com 名作『おくのほそ道』を楽しむ nisshin-livlon.com altgolddesu.hatenablog.com altgolddesu.hatenablog.com

陸奥から出羽・日本海側を巡る150日450里の旅から4年も経って

特別講義『おくのほそ道』の真髄 ~芭蕉自筆本に基づく新研究~担当講師:魚住 孝至(放送大学教授) bangumi.ouj.ac.jp www.google.com おくのほそ道 芭蕉自筆本

「奥の細道の真髄」 放送大学

…ogle.com 『おくのほそ道』の真髄 ~芭蕉自筆本に基づく新研究~|放送大学 https://bangumi.ouj.ac.jp/bslife/detail/70181011.html 250年ぶりに発見された芭蕉自筆の『おくのほそ道』を読み解くと、成立過程と連句の形式をとった全体構成が明らかになる。陸奥から出羽・日本海側を巡る150日450里の旅から4年も経って『おくのほそ道』を書き始め、自筆で清書してから半年推敲してようやく完成させた。「不易流行」を着想したと思われる…

松尾芭蕉 奥の細道 出発の地

…上し、「千住 ...おくのほそ道 - Wikipedia https://ja.wikipedia.org/wiki/おくのほそ道 おくのほそ道』(おくのほそみち)は、元禄文化期に活躍した俳人松尾芭蕉の紀行及び俳諧。元禄15年(1702年)刊。日本の古典における紀行作品の代表的 ..... 門人たちが集い労わる。 9月6日 芭蕉は「伊勢の遷宮をおがまんと、また船に乗り」出発する。 結びの句. ‎概要 · ‎4つの原本 · ‎出版経緯 · ‎旅程松尾芭蕉 おくのほそ道(奥の細道…

「おくの細道」

…gle 特別講義 『おくのほそ道』の真髄 〜芭蕉自筆本に基づく新研究〜 担当講師:魚住 孝至(放送大学教授)250年ぶりに発見された芭蕉自筆の『おくのほそ道』を読み解くと、成立過程と連句の形式をとった全体構成が明らかになる。陸奥から出羽・日本海側を巡る150日450里の旅から4年も経って『おくのほそ道』を書き始め、自筆で清書してから半年推敲してようやく完成させた。「不易流行」を着想したと思われる出羽三山を実際に歩いてみて、50韻形式を踏まえた5部構成を解明すると、『おくのほそ…

平泉

…れていた東北地方。「おくのほそ道」でこの地を旅した松尾芭蕉は、その美しさを描いた名句を数多く詠んでいます。 中でも、岩手県は歴史ロマンあふれる未知の国。そこには、いにしえの人々が夢見た理想郷がありました。 陸奥国(むつのくに)、平安時代まで「陸奥」(みちのく)、「道奥」(みちのおく)、 東山道 磐城(いわき)・岩代(いわしろ)・陸前・陸中・陸奥(むつ)の5か国の古称 奥州藤原氏が開いた仏教の聖地・平泉。中尊寺や毛越寺などの歴史ある寺には、“極楽浄土”を描いた美しい光景が残され…