altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

ハワイ 天体観測 黄色レーザー 波長

www.google.com 

www.astroarts.co.jp 

www.subarutelescope.org 

www.astroarts.co.jp 

補償光学は、大気のゆらぎをリアルタイムで補正する技術だ。ハワイのすばる望遠鏡にも用いられているが、このたび2世代目の補償光学システムの開発と試験観測に成功した。 

altgolddesu.hatenablog.com 

www.nao.ac.jp 

天の川

optinews.info 

ナトリウムD2線(波長589nm) 

ナトリウム光レーザーは、波長1319nmと波長1064nmの赤外域で発振する2つのNd:YAGレーザーを特殊な光学結晶に同時入射させ、和周波混合(下図参照)することで発生される。

そのためナトリウム光レーザーは、ナトリウムD2 線の波長 589nm にぴったりと合ったレーザー光になる。 

www.google.com 

www.google.com 

www.nao.ac.jp 

スペック

主鏡口径 30メートル(492枚の分割鏡)
光学系 リッチー・クレチアン式
焦点 変則ナスミス焦点
合成焦点距離 450メートル
視野 15分角
主鏡F値 1
回折限界 8ミリ秒角(波長1マイクロメートル)
観測波長 0.31~28マイクロメートル
主な観測装置 IRIS(近赤外撮像分光装置)
WFOS(広視野可視撮像分光器)
IRMS(近赤外多天体分光器)

www.google.com 

www.ocular.net 

ja.wikipedia.org 

分は、の60分の1である[1]。1度が円弧の360分の1の角度と定義されているので、1分は円弧の21600分の1となり、(π/10800ラジアンである。

360 x 60 =   21,600 , 1,440

www.google.com