altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

第1回 古代・中世史への招待 @ 日本の古代中世(’17)

日本の古代中世(’17)

日本の古代と中世の歴史を、基本となる史料や史跡のあり方や国際的な交流との関わりから探る。時代としては、日本列島のはじまりから16世紀までの、国家が形成・整備され、やがてその仕組みが衰退し、地域社会が表面化するなか、再び統一政権が登場するまでを扱う。とくに列島の古代中世史像は、発掘調査の成果や様々な新史料の発見によって変貌しつつあり、活発に越境した国際関係や各地域の歴史の実像が掘り起こされて、多元的に見直されている。こうした最新の動向をふまえて、東アジアの国際関係のもと、史料や史跡に焦点をあてながら、日本列島のあたらしい古代中世史をたどる。

第1回 古代・中世史への招待 

日本の古代中世史の研究は、国際関係の中で列島の歴史をとらえ、地域の歴史に焦点をあてる方向で、考古学的な発掘調査成果の新発見なども受けて、最近大きく変貌してきている。その研究動向をおさえ、歴史像を具体的にしてくれる文字史料や遺跡・遺物などの多様な歴史資料のあり方を示すとともに、考古学・建築史・美術史・国文学など学際的な視野の必要性を語りたい。また、唐物や城館跡などに焦点をあて、国際関係や地域の歴史文化と地域間交流の諸様相をめぐって、多元的な日本列島の古代・中世史像を整理したい。
【キーワード】
時代区分、古代史、中世史、史料、歴史資料、発掘調査、史跡、遺跡、遺物、唐物、城館跡

担当講師:佐藤 信(東京大学名誉教授)  

平城宮跡資料館 

www.nabunken.go.jp 

https://www.google.com/search?q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%B8%AD%E4%B8%96%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&rlz=1C1SNJC_jaJP484JP554&oq=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E4%B8%AD%E4%B8%96%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2&aqs=chrome..69i57&sourceid=chrome&ie=UTF-8 

altgolddesu.hatenablog.com