備後の国 足利将軍

www.google.com 

www.travel.co.jp 

2014/06/30 — 室町幕府最後の将軍足利義昭が、織田信長と対立して、小早川隆景庇護の下、備後の国鞆の浦に下ったのが、天正4(1576)年のことでした。鞆の浦は、足利家にとってゆかりのある土地で、尊氏が新田義貞追討の院宣光厳 

室町幕府最後の将軍足利義昭が、織田信長と対立して、小早川隆景庇護の下、備後の国鞆の浦に下ったのが、天正4(1576)年のことでした。鞆の浦は、足利家にとってゆかりのある土地で、尊氏が新田義貞追討の院宣光厳上皇より受けた場所でもありました。足利氏にとって縁起の良い場所だったのです。この古代から栄えた港町で、義昭は1582年まで過ごし津之郷へ。そんなゆかりの土地を鞆の浦を中心に歩いてみましょう。 

www.google.com 

www.google.com 

建武の乱(けんむのらん)は、建武政権期(広義の南北朝時代)、建武2年11月19日1336年1月2日)から延元元年/建武3年10月10日(1336年11月13日)にかけて、後醍醐天皇建武政権足利尊氏足利氏との間で行われた一連の戦いの総称。延元の乱(えんげんのらん)とも。広義には、中先代の乱など建武政権期に発生した他の騒乱も含まれる。足利方が勝利して建武政権は崩壊し、室町幕府が成立した。一方、後醍醐天皇も和睦の直後に吉野に逃れて新たな朝廷を創立し(南朝)、幕府が擁立した北朝との間で南北朝の内乱が開始した。 

ja.wikipedia.org 

www.uraken.net 

www.google.com