佐用 安倍晴明 塚

www.google.com 

www.google.com 

にっぽん縦断 こころ旅 蔵出しスペシャル「2017年4月 兵庫県
「こころ旅」今週は「蔵出しスペシャル」!この日は2017年4月、兵庫県の旅を29分に凝縮! 地元グルメに恋の季節!「ええとこ連れてきてもろた」絶景と初公開映像!
「にっぽん縦断 こころ旅」今週は過去の旅から未公開の秘蔵映像や名場面を交えて29分に凝縮した「蔵出しスペシャル」!この日は2017年4月、桜満開の兵庫県の旅を29分に凝縮! 地元グルメに舌鼓!伝説の〇〇〇〇事件!?ワイルド!?恋の季節!? そして火野さんが「ええとこ、連れてきてもろた」としみじみつぶやいた絶景! 懐かしの名場面・珍場面はもちろん、初公開映像も続々!いつもと違う、濃縮版「こころ旅」!

www.nhk.or.jp 

www.google.com 

平安時代 陰陽道 「安倍晴明」

www.google.com 

www.google.com 

kyoto-design.jp 

ameblo.jp 

www.google.com 

安倍 晴明(あべ の せいめい、延喜21年1月11日[1]921年2月21日〉 - 寛弘2年9月26日1005年10月31日〉)は、平安時代陰陽師。「晴明」を「せいめい」と読むことが多いが、これは音読みであり、本来の読み方は確定していない。鎌倉時代から明治時代初めまで陰陽寮を統括した安倍氏土御門家の祖。官位は従四位下播磨守。 

921年(延喜21年)に摂津国阿倍野(現・大阪市阿倍野区)に生まれたとされる。また、生地については、奈良県桜井市安倍とする伝承もある。幼少の頃については確かな記録がないが、陰陽師賀茂忠行保憲父子に陰陽道を学び、天文道を伝授されたという。加茂氏の門下生であり、のちに両家は二大陰陽家となる[5]

948年(天暦2年)大舎人。960年(天徳4年)40歳で天文得業生(陰陽寮に所属し天文博士から天文道を学ぶ学生の職)であった晴明は村上天皇に占いを命ぜられており、出世は遅れていたが占いの才能は既に貴族社会で認められていたことが伺える。50歳頃、天文博士に任ぜられる。貞元2年(977年)、保憲が没した頃から陰陽道内で頭角を現す。陰陽寮を束ねる陰陽頭に就任することは無かったが、位階はその頭よりも上位にあった[6]

979年天元2年)、59歳の晴明は当時の皇太子師貞親王(後の花山天皇)の命で那智山天狗を封ずる儀式を行う。

このころから花山天皇の信頼を受けるようになったらしく、記録にしばしば晴明が占いや陰陽道の儀式を行った様子が見られるようになる。花山天皇の退位後は、一条天皇藤原道長の信頼を集めるようになったことが、道長の日記『御堂関白記』などの当時の貴族の日記から覗える。そのほか、『小右記』によると、正暦4年(993年)2月、一条天皇が急な病に伏せった折、晴明が禊(みそぎ)を奉仕したところ、たちまち病は回復したため正五位上に叙された。また、『御堂関白記』によると、寛弘元年(1004年)7月には深刻な干魃が続いたため晴明に雨乞いの五龍祭を行わせたところ雨が降り、一条天皇は晴明の力によるものと認め被物(かずけもの)を与えたことなどが記されている[7]

陰陽師として名声を極めた晴明は、天文道で培った計算能力をかわれて主計寮に異動し主計権助を務めた[8]。その後、左京権大夫穀倉院別当播磨守などの官職を歴任し、位階従四位下に昇った。さらに晴明の2人の息子安倍吉昌安倍吉平天文博士や陰陽助に任ぜられるなど、安倍氏は晴明一代の間に師である忠行の賀茂氏と並ぶ陰陽道の家としての地位を確立した。 

博物館・資料館[編集]

寺社[編集]

由緒地[編集]

 
晴明塚(静岡県掛川市
 
阿寺の七滝(愛知県新城市
 
一条戻橋(京都府京都市

生誕地[編集]

墓所[編集]

www.google.com