大仏開眼(後編)

大仏開眼(後編)
大仏造立の舞台裏にうごめく人間の夢と野望、そして愛を壮大なスケールで描く歴史ロマン。ついに大仏は開眼、物語は大きな結末を迎え、主人公吉備真備は戦場に向かう。
聖武天皇國村隼)は大仏造立への思いを募らせるが、吉備真備吉岡秀隆)は国の疲弊を理由に反対する。一方、律令国家の復権をもくろむ藤原仲麻呂高橋克典)は、光明皇后浅野温子)に取り入って絶大な権力を握り、真備を唐に追放する。平城京では、孝謙天皇石原さとみ)が即位し、9年の歳月をかけて造られた大仏の開眼法要が行われる。翌年、真備は唐から奇跡の生還を果たす。764年、仲麻呂追討の火の手が上がる。 

www.nhk.jp 

www.google.com 

www.google.com 

ja.wikipedia.org 764年

altgolddesu.hatenablog.com