altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

第1回 地球大気の歴史 @ はじめての気象学(’15) 

はじめての気象学(’15) 

第1回 地球大気の歴史 

この講義では、地球が誕生し今日に至るまでの46億年の地球大気の歴史を振り返る。マグマオーシャンの時代から、地球が冷えて海と大気が形成される過程や、38億年前の生命体の誕生と、光合成による二酸化炭素の吸収および酸素の放出といった大気組成の変遷について学ぶ。そのうえで、すべての生命体を包み込む、かけがえのない今日の大気のありがたさを認識する。
【キーワード】
地球上の生命体を包み込むかけがえのない大気の歴史

担当講師:田中 博(筑波大学教授) 伊賀 啓太(東京大学准教授)   

第2回 地球大気の鉛直構造と気温の南北分布 

地球大気は気温の鉛直分布により、下層から対流圏、成層圏、中間圏、熱圏に区分される。大気の組成を調べると、その約99%は窒素と酸素で占められていて、高度約80kmの中間圏まではほぼ均質大気となっている。ただし、水蒸気は大気下層の対流圏に集中し、下部成層圏にはオゾン層が偏在する。この講義では、他の惑星の気温分布と比較しながら、地球大気の特徴について学ぶ。
【キーワード】
大気の組成、気温の鉛直分布で区分する大気の構造