altgolddesu’s blog

つれづれなるままに日暮らし

日本書紀 欽明天皇 尾興 仏像を難波の川に捨てたという。

www.google.com 

www.google.com 

www.google.com

豊浦寺跡 - FC2yamatotk.web.fc2.com › asuka › toyouratera
日本書紀によりますと、我国に初めて仏像や経論が伝えられたのは、欽明天皇の十三年(552)で、その仏像は蘇我稲目が裁き己がオハリタの ... を説き、その弘通をすすめましたが、物部尾興・中臣鎌子等は強くこれに反対し、向原の寺を焼き、仏像はナニワの堀江に捨てました。 ... この仏像がインドから中国にわたり百済を経て日本へ伝えられると、もったいなくも難波堀江に捨てられるという悲運にお会いになったというわけであります。 

www.google.com 

太子山 向原寺(こうげんじ) 浄土真宗本願寺派
向原寺縁起
日本書紀によりますと、我国に初めて仏像や経論が伝えられたのは、欽明天皇の十三年(552)で、その仏像は蘇我稲目が裁き己がオハリタの向原の家を寺としてまつったということです。このムクハラの寺こそ我が向原寺の起こりで、当寺は実に我国仏法の根元、寺院最初の霊場であります。当寺はまた、古来元善光寺と称していますが、これについては次のように伝えております。さきに百済聖明王は仏像経論を献ずると共に仏法のかぎりなき功徳を説き、その弘通をすすめましたが、物部尾興・中臣鎌子等は強くこれに反対し、向原の寺を焼き、仏像はナニワの堀江に捨てました。その後推古天皇の八年、信濃国主に従って上都した本田善光(同国伊那郡誉田の人)が、或る日のこと都見物をしようとて、難波池の辺りを通りますと「善光 善光」と呼ぶ声が聞こえるので善光がフトその方を向くと、池中から光がさしてきます。よく見るとそこにはピカピカと金色にかがやく気高い霊像があります。善光は驚いてすぐさまこれを拾い上げ、傍なる瀧ですすぎ清めますと、それは世にも珍しい霊妙不可思議の三尊像であります。これこそかねてから話しに聞く阿弥陀如来の尊像にちがいない。吾等衆生救済のため、五劫にわたる思推を重ね苦行を積んで下さった御仏であると、有難く涙にくれながら、この仏像を背に負い信濃に帰って我が家に安置し一心に礼拝供養いたしました。これが信州善光寺の起源であると申します。
この善光については、その昔釈尊在世の頃、インドに月蓋長者と呼ばれる人がいて、その願いにより、釈迦如来阿弥陀如来と二尊の光明によって一光三尊の仏像をお造りになりました。この仏像がインドから中国にわたり百済を経て日本へ伝えられると、もったいなくも難波堀江に捨てられるという悲運にお会いになったというわけであります。善光の救い上げたのがこの仏像で、善光は実はかのインドの月蓋長者の生まれ変わりであるといいます。
さて当寺の最初の建物は、尾興等に焼かれましたが、推古天皇はこの地に宮をうつされ、聖徳太子を摂政として政治をおまかせになりました。十七条憲法ができ、法隆寺四天王寺等が建てられ、飛鳥時代と呼ばれるすばらしい文化のさかえを見たのは此の時であります。推古天皇の後、都は飛鳥の岡本に移され、この宮の跡にはまた寺が建てられ豊浦寺と申しました。金堂、講堂、塔婆など完備した一大伽藍が飛鳥川のほとり、甘樫の丘の麓に甍をならべたのであります。
あすか川ゆきたむ丘の秋萩は今日ふる雨にちりかすぎなむ(万葉集)
(これは豊浦寺でよまれた歌であります)
都が平城、平安と遠くへうつるにつれ、飛鳥の諸大寺と共に頽勢の一途を辿り、今は全く昔の面影を失ってしまいました。しかしながら当寺の由緒は国史に厳存し、出土の古瓦によって、飛鳥時代の創建が実証せられるばかりでなく、去る昭和34年の発掘調査によって多くの遺跡構造物が発見され、そのかみの壮大な伽藍配置など明らかになり、ありし日の盛観が偲ばれるに至ったのであります。
宝物  ナニワの堀江で発見の飛鳥時代仏像。 

inoues.net 飛鳥を歩く 歴史倶楽部 第140回例会

www.google.com 

593年 推古天皇 豊浦宮にて即位。 豊浦宮跡・豊浦寺跡

日本書紀は、552年(欽明13)の仏教公伝の記事仏教は中国・朝鮮を経て日本に伝来した。継体天皇(?)の御代に中国人の司馬達等が仏像を携え来日したが、これを信じるもの はいなかった。

538年、(552年説もあり)百済聖明王が仏像及び経文を献じ、仏教の信奉を勧めた。

この時、蘇我稲目は、 「仏教を礼拝すべし」と主張し、物部尾輿はこれに反対し、議論が衝突する。天皇は稲目に仏像を賜り、試みに之を礼拝した。 当時疫病が流行し、物部尾輿は「国神の怒りである」と主張し、寺を焼いて、仏像を難波の堀江に投じてしまった。このことをき っかけに蘇我氏物部氏の亀裂が深まり、蘇我馬子物部守屋を殺し、厩戸皇子とともに仏教を奨励し、これより仏教が隆盛とな る。

日本書紀・欽明十三年紀 西蕃から献上された仏を蘇我稲目に祀らせる。稲目は向原の家を浄め捨ひて寺とす。国に疫気起こり治め癒すこと能わず。
物部大連御輿、中臣連鎌子が、「仏を祀ってるからだ、早く旧に復すべき、早く投げ棄てろ」と主張する。天皇は「奏す依に」と。 有司、乃ち仏像を以て、難波の堀江に流し棄つ。復火を伽藍に縦く。焼き尽きて更に余無し。是に、天に風雲無くして、忽に大 殿に災あり。
また、元興寺縁起では、欽明13年のことではなく、稲目がなくなった年(欽明30年)のこととして、
然已丑年稻目大臣薨已後 餘臣等共計 庚寅年燒切堂舎 佛像経教流於難波江也
「然して已丑(つちのと・うし)の年に稻目大臣すでに薨じて後に、餘臣等共に計らい、庚寅(かのえ・とら)の年に堂舎を燒き 切り、佛像・経教を難波江(なにはのえ)に流しき。」

(「古代史獺祭」ページより)

www.google.com 

www.google.com 

www.google.com 

www.google.com